「日本語・英語以外の名前の入力」の版間の差分

提供: Mulka2
移動先: 案内検索
(方法1)
 
1行目: 1行目:
 +
[[基本的な使用方法|[基本的な使用方法]]] [[機能別の使用方法|[機能別の使用方法]]]
 +
<br />
 +
<br />
 
日本語版Windows上では、Mulka2のメインウインドウで北欧言語など
 
日本語版Windows上では、Mulka2のメインウインドウで北欧言語など
 
日本語・英語以外の文字を入力することはできません。
 
日本語・英語以外の文字を入力することはできません。

2017年10月8日 (日) 13:39時点における最新版

[基本的な使用方法] [機能別の使用方法]

日本語版Windows上では、Mulka2のメインウインドウで北欧言語など 日本語・英語以外の文字を入力することはできません。

入力方法

方法は4つあります。

  • 方法1. クラウドサービスを使用し、クラウドの画面で名前を修正する。
  • 方法2. Startlist.csvをUnicode形式で作成し、最初から北欧言語で名前を登録しておく。
  • 方法3. メインウインドウで名前を適当に変更した後、Changes.datをWindowsのメモ帳で開き、「RUNNER_NAME_EDIT」とある行を探し、名前部分を修正する。
  • 方法4. 英語版のWindowsと英語版のMulka2を使用する。

方法1

一番簡単な方法です。 クラウドの氏名等の変更画面は、英語・日本語以外の文字も入力できます。 ここで入力すれば、メインウインドウ上にもそれらの文字で表示されます。

※ 一部の画面やCSV形式でファイル出力した場合は文字化けしますが、速報印刷やLapCenterでは文字化けしません。

方法2

ExcelでCSVファイルを保存するときに、CSV形式ではなくUnicodeテキストを選んで保存してください。 ファイル名はStartlist.txtになると思いますが、これをStartlist.datに変えてください。 中身はカンマ区切りではなくタブ区切りになりますが大丈夫です。