「一部区間のタイムの除外」の版間の差分

提供: Mulka2
移動先: 案内検索
(ページの作成:「== 設定方法 == 所要時間から一部のレッグのタイムを除外したい場合は、コース設定でユニット/ステーション番号の頭にアスタ...」)
 
 
1行目: 1行目:
 +
[[基本的な使用方法|[基本的な使用方法]]] [[機能別の使用方法|[機能別の使用方法]]]
 +
<br />
 +
<br />
 
== 設定方法 ==
 
== 設定方法 ==
 
所要時間から一部のレッグのタイムを除外したい場合は、コース設定でユニット/ステーション番号の頭にアスタリスク「*」を付けてください。
 
所要時間から一部のレッグのタイムを除外したい場合は、コース設定でユニット/ステーション番号の頭にアスタリスク「*」を付けてください。

2017年10月8日 (日) 13:40時点における最新版

[基本的な使用方法] [機能別の使用方法]

設定方法

所要時間から一部のレッグのタイムを除外したい場合は、コース設定でユニット/ステーション番号の頭にアスタリスク「*」を付けてください。 例えば、レッグ「7→8」のタイムを除外したい場合は、8番コントロールの番号の頭に*を付けることで除外設定できます。

excluded-leg-1.png

メインウインドウでの確認方法

除外レッグはコースリスト画面で、112_92のようにアンダーバーで表示されます。

excluded-leg-2.png

注意点

除外レッグを設定した場合、全員がフィニッシュするまで順位が確定しなくなるので注意してください。