「コースの自動判定」の版間の差分

提供: Mulka2
移動先: 案内検索
(ページの作成:「=== 判定の順序 === 選手のコースは、以下の順序で判定されます。 * 選手毎のコース設定(Startlist.datに記述)があれば、それを...」)
 
 
1行目: 1行目:
 +
[[基本的な使用方法|[基本的な使用方法]]] [[機能別の使用方法|[機能別の使用方法]]]
 +
<br />
 +
<br />
 +
通常は、クラスまたは選手ごとにコースを事前に指定しますが、どの地図を取って走ってもいい場合など、事前に指定できない場合があります。
 +
 
=== 判定の順序 ===
 
=== 判定の順序 ===
 
選手のコースは、以下の順序で判定されます。
 
選手のコースは、以下の順序で判定されます。

2017年10月8日 (日) 13:39時点における最新版

[基本的な使用方法] [機能別の使用方法]

通常は、クラスまたは選手ごとにコースを事前に指定しますが、どの地図を取って走ってもいい場合など、事前に指定できない場合があります。

判定の順序

選手のコースは、以下の順序で判定されます。

  • 選手毎のコース設定(Startlist.datに記述)があれば、それを使用。
  • クラス毎のコース設定(Class.datに記述)があれば、それを使用。
  • いずれにも設定が無ければ、その選手のe-card/SI-cardを最初に読み取った際に、カードデータの中身から自動判定。

自動判定のルール

カードのデータとコースのデータをもとに、ペナ数が一番少なくなるようにコースが判定されます。