時計あわせ

提供: Mulka2
移動先: 案内検索

[基本的な使用方法] [機能別の使用方法]

順位確定や遅刻の推定を正確に行うため、Mulka2を使用するパソコンの内蔵時計をあわせる必要があります。 パソコンの時計は狂いやすいため、大会当日の朝に時計あわせを行います。 パソコンを複数台使用する場合は、まず1台のパソコンの時計を手動で合わせます。 その後それ以外のパソコンを順次操作し、最初に設定したパソコンの時計に同期させます。

1台のPCを手動で時計あわせ

パソコンの時計を合わせるには、画面右下のタスクトレイ(通知領域)にある時計を右クリックし、日付と時刻の調整を選びます。

時計を右クリックして日付と時刻の調整を選択


日付と時計の変更のボタンをクリックし設定画面を表示して、117の時報などを利用して時刻をあわせてください。 なお、コマンドプロンプトでtimeコマンドを使用することでも時計をあわせることもできます。 (その場合は、管理者権限でコマンドプロンプトを起動する必要があります。)

他のPCの時計あわせ

1台のパソコンの時計を合わせたら残りのパソコンはMulka2の機能を利用して時計を合わせます。 Mulka2を使用するすべてのパソコンで通信マネージャとメインウインドウを起動しMulka2のネットワークに接続します。 その状態でパソコン1台ずつメインウインドウのメニューバーの[ツール(T)]-[ネットワーク時計・同期(N)]をクリックします。

ネットワーク時計・同期画面


接続されているパソコンの時計が表示され、数秒後同期ボタンをクリックできるようになります。 「このパソコンのみ同期」ボタンをクリックし、最初に手動設定したパソコンを選んで同期させます。

※「ネットワーク内を一括同期」ボタンは、Windows XPのパソコンでのみ使用できました。現在は使用できません。