当日参加者の入力

提供: Mulka2
移動先: 案内検索

[基本的な使用方法] [機能別の使用方法]

当日参加者の入力は、Windowsのデスクトップアプリでも、クラウドサービスからでも行えます。

事前準備

当日申込専用クラスがある場合

この場合、当日申込専用クラス毎に受け入れ可能人数・スタート時刻が決まっていることがあります。 ○○クラス、何時何分スタートの人について、 スタートナンバーはこれ、使用するe-card/SI-Cardはこれと決めてしまえば 名前が空のスタートリストを作成できます。 スタートリストファイル(Startlist.dat)の中に、当日参加者用の行を追加して下さい。

なお、当日参加者のカードの番号までは事前に決まっていないという場合もあります(マイカードを許す場合等)。 その場合はカード番号欄は空にしておきます。

当日申込用紙

当日に使用する申込用紙には、スタートナンバー記入欄(役員が記入)を忘れずに用意して下さい。 このナンバーを元に入力を行います。

当日申込専用クラスがある場合、参加者が記入した申込用紙を受け取った受付係は、 申込用紙にスタート時刻と それに対応して決められている、スタートナンバー、Eカード番号を申込用紙に転記します。

当日申込入力

ここでは、デスクトップアプリ版での操作方法を説明します。(クラウドサービスの画面からも入力できます。)
メインウインドウのメニューバーの[入力(I)]-[当日申込(O)]をクリックし、当日申込入力画面を表示します。

スタートナンバーを入力


当日参加者のスタートナンバーを入力し、選択ボタンをクリックすると氏名等の入力画面が表示されます。

入力画面


スタートリストの中に当日参加者のデータを作成している場合は、クラス、スタート時刻、カード番号が 自動的に入力された状態で表示されます。 氏名と所属を入力しOKボタンをクリックしてください。

作成していない場合は、クラス、スタート時刻、カード番号もあわせて入力します。 受付ですぐに入力してしまう場合は、参加者にカードを貸す際にカードをリーディングユニットで読み取って番号を読み取る方法もあります。当日参加者を参考記録にしたい場合は「参考記録」にチェックを入れて下さい。

氏名、所属は途中まで入力すると候補が表示される場合があります。 その場合、候補をクリックすることで入力を簡略化できます。 また、スタート時刻入力の際、hhmmの形でコロンを省略して入力できます。