クラウドサービス

提供: Mulka2
移動先: 案内検索

概要

クラウドサービスを使用すると、離れた場所でデータを共有しながらMulka2を使うことが出来ます。 PC以外にもスマホやタブレットでMulka2の一部の機能を使用することが出来ます。

例えば、フィニッシュと会場が離れている場合に、それぞれの場所でPCでMulka2を起動してネットワークを組むことが出来ます。 また、スタートでスマホやタブレットを使って操作をすることができます。 なお、クラウドサービスを利用するにはライセンスファイルが必要です。ライセンスファイルの入手方法はライセンス登録を確認してください。

当日になって通信がうまくいかない場合もあるため、クラウドサービスの利用を計画している場合は、クラウドサービスを用いないバックアップ手段を必ず用意しておいてください。

フィニッシュと会場それぞれで、PCでMulka2を使用する場合

フィニッシュ側PCと会場側PCの双方で、最低1台インターネットに接続できる必要があります。 まず、フィニッシュ側でサーバを起動し、フィニッシュ側に複数のPCがある場合は通常通りにサーバに接続します。 その上でインターネットに接続しているPCで「クラウドサーバー」に接続します。接続方法は後で説明します。 サーバモードのPCとクラウドサーバーに接続するPCは一緒でも別々でも構いません。 フィニッシュ側がクラウドサーバーに接続した後、会場側のPCをクラウドサーバーに接続します。 なお、フィニッシュ側と会場側のそれぞれのPCに同じライセンスファイルが登録されている必要があります。

フィニッシュ側でのクラウドサーバーへの接続

通信マネージャを使用します。サーバPCをそのままクラウドサーバーへの接続に使用する場合は、その通信マネージャでイベントデータを開きます。 別のPCがサーバの場合は、クライアントモードでサーバPCに接続します。 接続した後、通信マネージャ画面下部にあるクラウドマネージャの接続ボタンをクリックします。

無事に通信が出来れば画面右側にデータの送信状況が表示され、 最後に「クラウドサーバに接続しました」とメッセージが表示されます。

パスワード表示ボタンをクリックすると、会場側から接続する際に使用するパスワードが表示されます。 イベントデータを作成した後はこのパスワードは変更されませんので、適当なタイミングで確認して会場の担当者に連絡しておいて下さい。

会場側でのクラウドサーバーへの接続

会場側にあるPC1台を通信用パソコンとして使用します。そのパソコンはフィニッシュ側と同じように携帯電話等でインターネットに接続できるようにしておきます。 通信用パソコンで通信マネージャを起動し、クライアントモードで jp.mulka2.com に接続します。 パスワードの入力が求められたら、フィニッシュ側のクラウドマネージャに表示されているパスワードを使用して下さい。 なお、接続には時間がかかる場合があります。 接続が完了したら、残りのPCはその通信用パソコンを接続先としてクライアントモードで接続してください。

スマホ・タブレット等での接続

フィニッシュ側でクラウドマネージャに接続すると、スマホやタブレット等を利用して成績などのデータを参照したりスタートの出走チェックを行うことができるようになります。 URLやパスワードはクラウドマネージャ上に表示されますので、スマホ等でアクセスし、ログインして使用して下さい。

クラウド側をサーバにする方法

上記の説明はフィニッシュ側PCをサーバにする方法ですが、クラウド側をサーバにすることもできます。 なお、後述の注意点がありますので大きな大会で大会当日にクラウド側をサーバにするのはおすすめしません。

イベントデータを作成し終わったあと、大会前日にイベントマネージャを起動します。 「クラウドサービス」というタブがあるので、それをクリックし、「クラウド側でサーバを開始」ボタンをクリックします。 そうすると、ローカルにあるデータがクラウド側に移動し、クラウド側でサーバが開始されます。

クラウド側でサーバを開始すれば、PCをシャットダウンしてもクラウド側でMulka2が実行され続けます。 引き続きPCで操作をしたい場合は、クライアントモードでMulka2を起動し、jp.mulka2.comに接続して行います。 スマホ・タブレットでの操作も可能ですので、PC無しでの作業もある程度は可能です。

開始後一定時間が過ぎると(標準では48時間)クラウド側のサーバが終了します。 その場合は「クラウド側でサーバを開始」操作をしたPCで、サーバモードでMulka2を起動して下さい。 クラウドサーバ側から最終のデータがダウンロードされます。

クラウド側をサーバにする場合の注意点

Mulka2では、e-cardの読み取りや当日参加者の入力等の操作を行った際、操作の内容がサーバに通知されサーバのデータが更新されてから、クライアントの画面の表示が更新されます。 また、記録の手動入力画面等ではデータの入力前にサーバとの通信が発生します。 よってクラウド側をサーバにした場合、サーバを計セン側に置いた場合と比べると画面の表示やラップの自動印刷等が遅くなります。

クラウドサービスを利用したライブ速報は、サーバを計セン側に置いた場合でも変わらず利用できますので、 クラウド側をサーバにするのは大会の事前準備や練習会のみにすることをおすすめします。

スマホでのe-card・SI-Cardの読み取り

Android用のe-card/SI-Card読み取りアプリを使用すると、スマホでe-card・SI-Cardを読み取ることが出来ます。 PCをクラウドサービスに接続している状態か、クラウド側でサーバを開始している状態で使用できます。 読み取りには、専用アプリの他にUSBホストケーブルと、emitの場合はリーディングユニット、SIの場合はメインステーションが必要です。