概要

Lap Centerでは、練習会から大会まで様々なレースのラップや記録を掲載し保管したいと考えています。 ラップファイルやラップが記されたテキストファイルをまでメールでお送りいただければ掲載いたします。 また、各クラブ担当者が各自でLap Centerにラップや記録を掲載できる機能も用意しています。以下ではその方法について説明いたします。

各自でLap Centerに掲載いただけるクラブ担当者様には、ファイルをアップロードするためのFTPアカウントを発行いたします。 そのアカウントを使用して各クラブ専用のフォルダにラップコンバット2形式のラップファイルをアップロードすると、10分程度でLap Centerにラップ・記録が掲載されます。


申し込み方法

までメールでお申し込み下さい。折り返しFTPアカウントを発行します。なお、Lap Centerを利用いただくにあたり料金は不要です。


利用方法

発行されたFTPアカウントでログインし、ラップファイル(拡張子がlxmまたはlapのもの)を /lapcenter フォルダ以下にアップロードしてください。 lapcenterフォルダの中にサブフォルダを作成し、その中にファイルを置いても構いません。 なお、ラップファイル以外にもいくつかの形式のファイルをアップロードすることができます。使用できるファイルは下記の通りです。


  • ラップファイル
    形式は次のいずれかのみです。
    ・拡張子がlxmまたはlapのファイル
    ・上記を圧縮したファイル(拡張子がlzh、zip、cabいずれかで、その中にラップファイルが1つのみ含まれるもの)
  • HTMLファイル
    HTMLファイルは、リレー成績表等を掲載したい場合に使用します。
    必要なファイルを圧縮し1つのファイルにして下さい。(拡張子はlzh、zip、cabのいずれか)
    圧縮ファイルの中には、少なくともindex.htmとMeta.xmlを格納して下さい。
    一つのHTMLファイルに掲載内容を記述できる場合はindex.htmに内容を記述して下さい。
    複数のHTMLファイルを圧縮ファイルに格納し使用する場合は、index.htmに他のHTMLファイルへのリンクを作成して下さい。
    Meta.xmlにはそれがどのイベントに関するHTMLファイルなのか、また掲載時のタイトルが何なのかを記述します。
    サンプルファイルはこちら。 (このサンプルが実際に掲載されるとこのようになります。)
  • テキストファイル
    テキストファイルは、ラップデータの更新履歴やお知らせなど、簡単なテキストを掲載するのに使用します。
    拡張子はtxtにしてください。それ以外のファイル名には制限ありません。
    テキストファイルの1行目にはそのテキストのタイトルを記述します。形式はTITLE=<タイトル>です。
    例えば更新履歴の場合は「TITLE=更新履歴」と記述します。
    2行目には一緒にアップしているラップファイルのファイル名キーワードを記述します。形式はFILENAME=<ファイル名キーワード>です。
    3行目以降には、掲載したい文章を記述します。HTMLタグは使用できません。
    サンプルファイルはこちら

※ファイルサイズは1ファイルあたり最大1MBです。それ以上のファイルは無視されます。
※ファイル名はほぼ制限ありません。ファイル名に特殊な文字(例:引用符)が含まれるファイルは使用できません。
※ラップファイル内の大会の開催日は必ず入力しておいてください。
※ラップファイル内のファイル名キーワードをキーにして処理しています。異なる大会では異なるキーワードになるように注意してください。

ファイルをアップロードすると、およそ10分程度でLap Centerに反映されます。反映されない場合はご連絡ください。 ただし、一度に複数のファイルをアップロードした場合は全てが反映されるまで少し時間がかかります。

記録・ラップを修正したい場合は、ラップファイルを修正済みのものに差し替えてください。同じく10分程度で反映されます。
掲載したデータを削除したい場合は、対応するラップファイルを削除してください。

対応していないファイルや異常に大きいファイルは連絡無く削除する場合があります。ご了承下さい。


身内の練習会等の成績・ラップ解析について

身内の練習会等のデータを掲載したい時は、ラップファイルを/lapcenter/private の中に入れてください。 Lap Centerの掲載者別表示で身内のイベントを表示を選択した場合のみ表示されます。 また、/lapcenter/private の中に入れたファイルはLap Centerの画面右側の履歴には表示されません。


Mulka 2、ESPRESSO 2をご利用の場合

Mulka 2を使用している場合、記録等を簡単に掲載することができます。 Mulka 2メインウインドウの[ファイル出力(X)]-[その他(0)]をクリックして表示されるウインドウで、 Lap Centerへアップロードを選択してください。ESPRESSO 2でも、直接Lap Centerに掲載できます。